碓井橋梁を作る (9)

上り線周り整備 一番奥の斜面に植樹しましたら、いよいよ橋梁をはめ込み固定します。 上下線の間隔が実際の1/3程度しかないので地形をどう誤魔化すか思案のしどころですが、作業用足場がずいぶんと高い所に行ってしまいましたのでこの付近はもう少し地面をかさ上げするつもりです。 横川側トンネル…真横からは土手がありトンネルポータルは殆…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (8)

地面造り 橋が完成したので地面の整備に移行します。 大体の地形はご覧の通りあらまし出来てます…何時もは軽い紙粘土で造りますが、今回は更に軽く造りたかったので、スタイロフォームで大体の地形を造成した後にガーゼのボンド湿布で処理した後、台所にあったキッチンペーパーでもう一度湿布してます…この辺は殆ど経費が掛かってません(笑)写真では…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (7)

架線を張る Nでココまでやるか!っな位電線を張ってみました。 実線は、更に凄い事になってますが模型的にデフォルメしてます。 出来上がりが、どうもメリハリに欠けるので碍子をゼリー状瞬間接着剤で盛り上げ白く塗ってみました。 透明なゼリーは老眼のオイラには形状が良く判らず、白を差して始めて…アレ!ってな感じでしたが、あくまで雰囲気…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アクセス調査

久しぶりにアクセス数の状況を確認してみました。 とりあえず総アクセス数は、25万を超えてましたが、最近低迷しております。 界隈の皆さんはどんな具合でしょうか? これはあくまで、自分のVRM離れが主な原因ではありますが、この界隈の衰退も要因の一部と分析しております。 ただ面白い事に、昨日のみガツンと数が上がってます。これはトレトレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (6)

架線柱の製作 既製品が使えませんので、tomixの鉄骨架線柱を一旦バラバラに切り刻んで組み直します。 横から観るのを前提にしていますので鉄骨表現を横に向けて上下線で滑車式張力調整装置付き4本、無し4本の計8本制作しました。 素材的に瞬間接着剤の食いつきが悪いのでゴム系接着剤を使用するので乾燥に一晩寝かせ塗装及びウェザリングしま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

透明レールの活用例

あけましておめでとうございます… 本年も宜しくお願い致します! 昨年の大晦日 と言ってもまだ数時間前ですが、大掃除も簡単に済ませて暇だったのでこんなのを試してみました。 レールと車輛のみで、遊ぶレイアウト(笑) リソース画像3枚をつかってますが、カメラの設定、エミッターサイズ、レール配置調整等 結構手間が掛かってます、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (5)

トンネルポータルの製作 トンネルポータルが完成しました、基本的に橋梁同様厚紙で出来てます。 上下線出入り口の4ヶ所全て形状が違います。 ここでもtoseibomさんの資料を参照させて頂いております。 完璧に再現とは行きませんが大体の雰囲気重視で作りました、なるべく車輛ギリギリの狭いトンネルを意識しましたが、パンタを引っ掛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

底辺×高さ÷2

公私共に色々ありましてVRMレイアウトも、碓氷第三橋梁のジオラマも進展してません… VRM Magazineの執筆にもなかなか取り掛かれません…ゴメン!1号以降の記載で勘弁願います! 話は変わりますが、昨夜娘と真剣に悩んだ問題があります… この三角形?(部品を並べ替えると…)どう考えても理屈に合わない…底辺×高さ÷2の公式を根…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

D51-498入線

イヤー!驚きました…KATOの最新D51 Nゲージでここまでやるか?ってな位 走りも滑らかな発進、停車…これはお買い得でっせ! 天賞堂の蒸気でも見ているかと錯覚させる……褒めすぎかもしれないが、お世辞抜きで良く出来てます。 動態保存機らしい綺麗な黒光りの塗装も良い感じです。 写真は買ったままの状態で、後付けパーツの類が無いのも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (4)

作業用足場の製作 作業を再開しました。 設置するか否や悩んだ挙句、作って見ました。 上り線軽井沢側に設置されている何のために有るのか判らない作業用足場… 雰囲気だけですが大変な作業でした…でも結構良いアクセントになりそうです(出来は今一) 今回、toseibomさんから参考画像の提供を受けました、有難うございました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

VRM 初狩駅スイッチバック

碓氷橋梁制作記はひとまずお休みして久しぶりのVRMネタです! 回らないリミッターが有ればどんなに便利かなと実感したのがこの写真です! 解説は必要有りませんね…カメラの位置を変えると崩壊するシーンです。 正面から撮ったのでは面白みが無いので敢えて角度を付けてます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (3)

線路の製作 線路の高さが決まらないと架線柱を作れないので先ずフレキシブルレールで線路の製作を始めます! 直接橋の上に作ると作業が大変なので、ピッタリ嵌まるサイズの厚紙上で製作し、後から乗せる方法をとりました。 一番嫌いなバラスト撒き後、今回はサーフェイサーを吹いて錆塗装をしました…が、サーフェイサーの食い付きが良すぎてレー…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

碓井橋梁を作る(2)

紙の橋梁ほぼ完成 上下線2本の骨格が完成しました。 2つ目は矢張り最初の物より手際よく綺麗にできました。 ひとまずサーフェイサーを吹いて粗を修正して行き、手すり、架線柱(勿論架線も付きます)の細かい作業に移行します。 前回に戻る 次回に続く…   
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

碓井橋梁を作る (1)

製作開始 碓氷峠のハイライトである碓井橋梁のジオラマに挑戦! 設置スペースを考慮してNゲージスケール換算より10%位小さめですが、紙と木材で製作を開始致しました。 なんとVRMの橋を参考に図面を描き、A3寸伸びプリンタで無理矢理長さ60cmのケント紙に長出しプリントしました。 仕事柄、用紙はふんだんにあります。 ひとま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さよなら201系

久しぶりのVRMです。 165系「急行アルプス」の動画準備過程でとある駅構内を作りましたが… 副産物として「さよなら201系スイッチバック体験」の様子をVRMで再現してみました。 知る人ぞ知る、初狩駅のスイッチバックです。 現在はスイッチバックはしていませんが、砕石工場の引き込み線として現在も使われている線路です。 その線路に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

架線張り

ユニットレイアウトの一部に架線を設置して見ました。 トレトレにて紹介しましたが、アチラさんは解像度が低いので、矢張り本家に公開します。 0.3mm真鍮線ハンダ付けにて出来てます。 走行を考慮すると実際にパンタを接触させる事は出来ないので間が抜けています。 当方所有の車両で、一番パンタが上がる車両にて安全を考慮した高さですが、古い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

VRMの165系

苦言を呈しながらも、VRM復帰です。 思うところが有り165系中間車セットを追加購入しました。 要するに、サロとサハシが欲しいだけなのに\3,740也……! いっその事、169系セットにするか悩みましたが、後々この路線に169系が走っているはず無いなんて突っ込まれるのも嫌なので無難に165系で揃える事にしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイアウトコンテスト

レイアウトコンテスト受賞者の方々おめでとうございます! 沖ノ鳥島さんのブログに書いたコメントと大体同じですが、レイアウトコンテストに一言! 自分が今回応募しなかったのは、 応募するべく作品が無いのが一番の要因ですが、作る気にならないのも事実です。 何故なら自分のレイアウトを完全な形で再現してもらえるユーザーが殆ど居ないって事です…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

架線柱シールデータ

トレトレで紹介した架線柱の画像データですが、アチラさんの画像は解像度に制限が有る様で、思ったようにUP出来ませんでしたので、こちらから上げます。 画像をクリックして大きくなりましたら右クリックで画像を保存して下さい。 本当は然るべきアプリケーション(自分はイラストレーター)にて大きさを調整して頂きたいのですが、標準装備のペイント…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久留里線

久留里線の横田駅付近に撮影の仕事で出掛けましたので、 ついでにmokoさんが最近レポートしていた久留里線を撮鉄しました。 約束の時間まで30分も有るので駅前に車を停めて、時刻表を見てみると、ちょうど15分後に上下線の入れ替えが有るでは有りませんか…ラッキーとばかり 撮影地を探してキハ30国鉄色が来るのを祈りながら待つ事5分位…! …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more