魅了して止まない碓氷峠! 第3弾

熊ノ平 その2 軽井沢側
今回は碓氷峠熊ノ平信号場の軽井沢側の紹介です。
横川側に比べるとシンプルな作りでそれと言った見せ場は有りませが、何のために存在するのか不明だった渡り線ですが解明しました。
この区間のみ平坦ですがトンネルに入ると凄まじい勾配が再開します。
万一その先で緊急停止した歳に再発車出来なくなる恐れがあるばかりか最悪逆走の恐れが有るため下り車線(鉄道的には上り線)に移動して横川まで舞い戻って再登坂するための渡り線らしいです。
したがって緊急時以外は使用する事は無かったと思われます。
模型は緊急時の事は考慮していませんのでダミーポイント(直進固定)です。
実線ではもっと緩やかで長い渡り線ですが模型は既製品を使用している都合かなり短いし急角度です、これでは緊急時に重量の掛った編成を抱えながら渡り線に入るのは非常に危険っぽいです(笑)
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


尚、Facebookでは紹介しましたが前回の横川側にもEF63を載せて見ました。
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック