碓井橋梁を作る (7)

架線を張る

Nでココまでやるか!っな位電線を張ってみました。
画像

実線は、更に凄い事になってますが模型的にデフォルメしてます。
出来上がりが、どうもメリハリに欠けるので碍子をゼリー状瞬間接着剤で盛り上げ白く塗ってみました。
透明なゼリーは老眼のオイラには形状が良く判らず、白を差して始めて…アレ!ってな感じでしたが、あくまで雰囲気ですのでココは此れで我慢します。
実際、何が何の電線なのか判りませんが、資料を基にそれらしく張ってみました。
今、思えばチョットたるませ過ぎの感はあります。

特に今回の拘りは、テンションバランサーへも架線を取り付けたことです。
実際はテンションから隣の架線柱までの吊架線にたるみは殆どありませんが、その事に気付かず、かなりたるませてしまったのは失敗でした。
画像
画像

これで橋部分は完成です!引き続きベース(谷)造りに移行します。

尚、別館にて格安な電線の張り方を紹介してますのでそちらも参照下さい。

前回に戻る 次回に続く

  

この記事へのコメント

junichi
2011年01月14日 21:27
取り上げて頂き感謝です!
製作楽しみにしてますよ…
これからはちょくちょくそちらさんにもお邪魔します!
漂流してきました
2011年01月15日 17:46
はじめまして。
信濃国に潜伏しております「隠密」と申します。
齊藤電鉄ryuさんちから漂流してきました。
あの碓氷川橋梁を製作中ですか!
すごいです。
しかもペーパー製とはもう一度びっくりです。
細部まで再現されていて、ビックリです。

過去記事で「アルプス・こまがね」のビデオも感動しました。
すばらしいレイアウト、すばらしすぎて参考にしにくいです(^^;
また寄らせていただきます。

http://black.ap.teacup.com/onmitu2/
junichi
2011年01月15日 18:19
隠密さんご訪問有難うございます!
感動して頂き嬉しいです!
現在橋は完成し、地形作りを始めました。
経過は、ここで報告致します。
2011年01月18日 07:17
おはようございます。自分の作業のせいでこちらを見るのが遅れていました。いやぁ、きたー!!って感じですね。架線があると本当に模型かどうかわからないくらいに実感が増します!。今はまだ周囲が白なので模型とわかりますが、周囲のシーナリーが追加されれば一目では模型と判断できなくなると思います。私もここの景色は好きなので、本当にうらやましい仕上がりです。自分のEF63も乗せてほしいですね(笑)。橋梁の黒いしみとか線路周辺のウエザリングがとてもリアルですが、これはエアブラシですか?
junichi
2011年01月18日 16:51
toseibomさん今日は、
そーなんです、煩わしい樹木植えが待ってます。
正直、気が重いです(笑)
現在汚れを防ぐため、レールをマスキングしていますので、車両を乗せる事が出来ません。
自分でも早く車両を乗せた状態を観てみたいです!

この記事へのトラックバック